浄水器の達人がおすすめする家中まるごと浄水器®

水とフィルターのプロが浄水器の選び方を指南。正しい水の話も。

水道局はなぜ「朝一番の水は飲まないで下さい。」とお知らせしているのか?

こんにちは。
水とフィルターのプロフェッショナル
家中まるごと浄水器®の小野志郎です。

 

皆さんは、水道局のホームページを見る
ことってほとんどないと思います。

 

私は、仕事柄ちょくちょく見るのですが
各地域の水道局のホームページに

 

「朝一番の水は飲まないで下さい。」

 

20170731-2- - 1

て書いています。

どこの地域も大体下記のような お知らせ。

20170731- - 2藤井寺市水道局のホームページより)

 

朝一番の水道水飲み水以外に 朝一番や、長い間留守にしたときの
水道水は、給水管内に水が長時間 滞留しているため、消毒用の塩素が
少なくなっていることがあります。

また、鉛管を使用しているご家庭
では、わずかですが管の鉛が

溶け出すことがあります。

最初に使用する水は、できれば
バケツ一杯くらいを、
飲み水以外の用途にお使いください。

群馬県桐生市のホームページより)

 

ここで注目するのは、
管の鉛が溶け出す

ことを水道局自身が認めて
いることです。

 

鉛は、胃腸障害や不眠症 特に胎児や乳幼児の知能 障害などを引起す有害物質
体内に溜まる性質があります。

 

WHO世界保健機構でも飲料水の鉛
濃度は、0.01pp(1リットルあたり
0.01mg)と定めています。

 

日本では、鉛の水質基準が平成1年まで
0.1ppmでしたが、平成4年にとりあえず
0.05mgになり、その後平成15年に
0.01ppmになりました。

 

世界基準になるまで、10年以上かかった
訳です。

 

なぜ、こんなに時間がかかったかと
言いますと、日本全国で、水道水の
給水管に鉛が使われていて、その交換
に時間がかかっているからです。

 

給水管は、水道局からご家庭までに
使われている分と、ご家庭の引き込み
部分に使われている分とに分けられます。

 

水道局からご家庭までの部分で鉛管
が使用されているのは、全国の世帯
の5分の一にあたる850万世帯。

 

f:id:etec:20170307153315j:plain

 

水道局も頑張って交換していますが
自治体の負担分だけで
1兆円以上かかる

のでなかなか交換が進んで
いません。

 

ご家庭の引き込み部分になると
もう把握されていないのが現状。

 

交換も自己負担で、宅内のすべての
給水管を取り替えるような工事では
40万円〜50万円かかります。

 

そこで、水道局はしぶしぶ情報を公開し、

 

鉛管を使っている世帯に注意や対策を
呼びかける広報活動を進めているのです。

 

私が現場に行って鉛管をよく見かける
のは神奈川県です。

 

調べてみると、

 

神奈川県の全世帯の
40%が鉛管使用!

 

というデータが出てきました。

 

まずは、お住まいの給水管の種類を
確認して、鉛管を使用している場合
は至急交換するようにして下さい。

 

f:id:etec:20170307153531j:plain

 

管の種類は最寄りの水道局に確認
すれば教えてくれます。

 

ほとんどの場合は、水道メーター
から1〜2mしか使われていないはず
ですので、この場合は費用も安く
簡単に工事できます。

 

交換費用を補助してくれる自治
もありますから、一度問い合わせ
てみましょう。

 

弊社の家中まるごと浄水器は鉛を
除去できる高性能タイプですが、
宅内の配管すべてが鉛の場合は、
鉛の被害から逃れられませんので
なるべく早く交換するようにして下さい。

それではまた。