浄水器の達人がおすすめする家中まるごと浄水器®

水とフィルターのプロが浄水器の選び方を指南。正しい水の話も。

軟水と硬水

こんにちは。
家中まるごと浄水器
小野志郎です。

 

軟水と硬水どちらがいいんですか?
よくある質問のひとつです。

 

そこで、今日は軟水と硬水について解説しましょう。

まず、軟水ってどんな水なんでしょうか。

 

よく言われるのが、柔らかくて肌にもいいんですよね。

 

でもこれはまったくの誤解。
軟水が肌に優しい根拠は何もありません。

 

だって、肌に優しい温泉は硬水ですよ。
だから軟水だから肌に優しい訳ではないんです。

 

反対に硬水で煮物をすると堅くなるの?
これもまったくの誤解。

 

お肉などは硬水の方が柔らかく煮えます。

 

軟水の「軟い」と硬水の「硬い」というイメージが誤解を生んでいます。

 

そもそも軟水と硬水の違いは、
水の中に含まれるミネラル
の量の違いで分けられています。

 

ペットボトルで「硬度」という指標を
ご覧になったことが
ありませんでしょうか。

 

この硬度は水の中に含まれる、
カルシウムとマグネシウムの量を表しています。
計算式は省きますが、数字が大きいほど硬水だと
考えて下さい。

 

  • 軟水 0 - 60未満
  • 中程度の軟水(中硬水)60 - 120未満
  • 硬水 120 - 180未満
  • 非常な硬水 180以上

 

日本の水道水や天然水はほとんど軟水の分類に入ります。
海外の天然水はミネラルウォーターと呼ばれるくらい
ですから硬水が多いですね。

 

特徴としては、軟水は、お茶や料理の出しなどに向いて
います。和食は軟水が基本になっている訳です。

 

日本でも沖縄は硬水の地域になり、出しがでにくい
ので鰹節は厚くけずり大量に使う習慣があります。
沖縄の鰹節の使用量は日本一です。

 

このように軟水や硬水は地域の文化まで影響を
与えている訳です。

 

どちらが身体によいとかも関係ありませんので
飲用や生活用としては硬水を軟水にする必要は
ないと考えます。

 

生まれ育った地域の水、文化まで影響を与えて
いる水をそのまま使うのがベストです。

 

ただし、塩素や汚れは除去する必要はあります
ので、浄水器は必須です。
最後は宣伝になってしまいましたが、
参考になれば幸いです。