浄水器の達人がおすすめする家中まるごと浄水器®

水とフィルターのプロが浄水器の選び方を指南。正しい水の話も。

日本は世界一の「水」の輸入国って知ってましたか?

こんにちは。
水とフィルターのプロフェッショナル
家中まるごと浄水器®の小野志郎です。

 

今日のお題は、水の輸入について。
日本の水の輸入量は世界一
と聞くと、そんなにペットボトル水
輸入してるの?

201500904- - 1

て思っちゃいますよね。
エビアンボルヴィックとか、クリスタル
ガイザーなどあげたらきりがないくらい
ですから。

でもさすがにペットボトル水の輸入
だけでは世界一にはなりません。

 

日本は海外から農産物をはじめ、
工業製品、木材などを輸入しています。

 

実は、その輸入品を通して大量の水を
輸入していると同じ事になるのです。

 

201500904-2- - 1

例えば、小麦1キロを収穫するため
には、約1000リットルの水が必要です。

 

201500904-3- - 1

トウモロコシだったら、灌漑用水と
して1,800リットルの水が必要。

 

f:id:etec:20170307142109j:plain

牛はこうした穀物を大量に消費
しながら育つため、牛肉1kgを
生産するには、その約20,000倍
もの水が必要です。

 

つまり、食料を輸入するという
ことは、あたかも水を輸入して
いることと同じことになるのです。

 

このような水は「バーチャルウオーター
(仮想水)」と呼ばれ、食料を輸入して
いる国(消費国)において、もしその
輸入食料を生産するとしたら、どの程度
の水が必要かを推定したものとされて
います。

 

bw001

この表は、食品別の仮想水の量
を表したもの。

牛丼一杯には、

2000リットル(2トン)

もの仮想水が使われています。

 

日本が輸入する主な農産物を生産
するために必要な水の量は

400億トン
(1トンは1000リットル)

を超え、仮想水は、年間

740億トン
(1トンは1000リットル)

で、これは全世界で一番多い数字
となっています。

 

bw002

図のように、日本は、世界中の
仮想水に支えられていることが
分かります。

 

オーストラリアで干ばつがあれば 小麦の値段が高騰し、パンやうどん の値段が高騰し私たちの生活を 直撃します。

 

0aa9e963d582b5940b764a37acc9f2be_m

つまり、世界の水資源の問題が
日本の水資源問題と密接に結び
ついているのです。

 

日本は水が豊富だから水資源問題
とは無縁と考えがちですが、食料
を輸入している限り世界の水不足
の影響は必ず受けます。

 

私たちは、もっともっと水の大切
さを理解して、食料自給率を上げて
いかないと将来必ず水不足によって
食糧難が訪れます。

 

f:id:etec:20170307142253j:plain

今日から牛丼を食べる時には
この牛丼一杯で2000リットル
の仮想水が必要。

2リットルのペットボトルで
100本分か〜〜思って食べて
下さいね。

それではまた。