浄水器の達人がおすすめする家中まるごと浄水器®

水とフィルターのプロが浄水器の選び方を指南。正しい水の話も。

尿をスポーツドリンクに変える浄水バッグとは?

こんにちは。
水とフィルターのプロフェッショナル
家中まるごと浄水器®の小野志郎です。

 

今日は、尿や泥水からも水を作り出す
新しい技術についてのお話。

 

「Forward Osmosis Bag (FOB: 正浸透バッグ)」
呼ばれる新しい技術が知られたのは
湾岸戦争の時。

 

砂漠で水不足になったとき兵士が
自分の尿をこのバッグにかけると
バッグの中にスポーツドリンクが
できて飲めるというもの。

 

もちろん、泥水の中にもぽいと
投げ入れておけばバッグの中に
スポーツドリンクができちゃう
のです。

通常、海水を浄化するのは、逆浸透膜
という技術を使いますが、こちらは
正浸透。
ro002

逆浸透は、電気を使って高い圧力
をかけて水の分子だけを通過させて
真水を作る仕組みですが、正浸透は
電気を使わず、細胞膜のような働き
をする膜を使って、尿や、泥水から
水分のみを移動させることができます。

 

最初は、軍事で使われた技術ですが、
防災や宇宙開発にも応用できると
期待されています。

 

実際、NASAでは宇宙ステーションで
このバッグを使って飲料水を作る実験
を行っています。

 

201500906-3- - 1

すでに尿から水を作る技術は確立
され、宇宙ステーションに搭載
されているのですが電気を使うので、
節電が必須の宇宙ステーションでは
電気を使わないこのバッグに注目
しているのです。

 

NASAのバッグ(処理キット)では、
外側の袋の中にもうひとつ半透性の
袋が入っており、その中に糖分の
入った溶液を注入して使用します。

 

nasa-forward-osmosis-bag-levine-soler-dave-mosher
出典元:wired.com

写真左は、ケネディ宇宙センター
プロジェクト担当科学者である
ハワード・レビン氏

右の女性は、米Bionetics
Corporation社のエンジニア
モニカ・ソーラー氏

 

nasa-forward-osmosis-synringe-dave-mosher
出典元:wired.com

水処理キットでは、糖分のほかに
電解質を豊富に含んだ溶液を
用いて、水分子に半透性の膜を
通過させます。

 

尿に見えますが、尿ではありません。
テストも尿に近い成分で行っています。

nasa-forward-osmosis-injection-dave-mosher
出典元:wired.com

ソーラー氏が、電解質溶液を半透性の
内袋に注入しているところ。

 

外袋に汚れた液体を入れると、
浸透が起きて、内袋の膜を
ゆっくりと通り抜けて
糖分の入った溶液と混ざり、
あとには汚染物質が残ります。

 

この二重袋を使うと、スポーツ
ドリンクに似た液体が、4~6時間
で約1リットル作れます。

 

201500906- - 1
出典元:wired.com

こちらは実際の宇宙での実験。

 

この技術が進むと、電気を使わずに
海水を淡水化することができたり
発電にも使えるようになるかも
しれません。

 

病原菌や、有害物質を含む水も
浄化できるので「緊急浄水器
「防災用浄水器」としても活躍
が期待されています。

 

しかし、新しい技術なので日本では
ほとんど認知されていません。

 

東北大震災の際、アメリカ軍から
この浄水バッグを大量に寄付したいと
日本政府に打診がありましたが、
日本政府は断ってしまいました。

お役人の勘の悪さには驚かされます。

認知には、時間かかると思いますが
防災用品として可能性を感じる技術
のひとつです。

 

今後の研究テーマに加えたいと思います。

それではまた。